2012-10-15

カナダのサンクスギビング!

実は月曜がカナダのサンクスギビングでした。

そうです。感謝祭。家族で七面鳥を食べる日です!

アメリカは、11月の後半で、一年で一番交通機関が混みあうのです。帰省ラッシュ!

カナダは確か一ヶ月前だから、10月後半だったよな〜と思ったら、10月はじめで・・・

今年は、ボニー&キャサリン両方のお宅のサンクスギビングにお邪魔しました。(もちろん日にちはずらして・・・笑)

キャサリンは、ベジタリアンですのでターキーの代わりにホタテ!スコットランドのご友人も呼んで楽しいひと時でした。

そしてお決まりのパンプキンパイ!

手作りのパイ美味しかったです〜。ご馳走さまでした。

そしてこちらはボニー宅。

ロスに住んでいる娘さんも帰省し、日にちをずらしてのサンクスギビングです。

弊社のお客様(渋井真帆さん)とご一緒にお邪魔いたしました。まずはワイン屋さんでワインを買って・・・

お店の方に、ターキーに合うBC州のワインを赤&白おすすめしていただきました。赤はピノノワール、白はあまり聞いたことがなくって忘れちゃっいました(ごめんなさい)

お孫ちゃんたちが迎えてくれました。

そして特別な家族のお食事ですので、シルバーのセットも普段使いではなくいいものを。

うちにもあるのですが、ご先祖代々続いているものでいただいたりします。ただ磨くのが大変で…

「ボニーすごいじゃない!ずっと磨いていたの〜。さすがこんなにきれいに〜」

というと娘さんが周りで「クスクス」

「そうそう、お母さんは午前中ずっと磨いていたのよ〜」と・・・

いやいやボニーがそんなことをするはずがなく(笑)きれいに磨いた状態ですぐにボックスの蓋をきちんとすればピカピカなままなのだそうです。

ということで、一度はやはりきちんと磨かないといけないようですね(汗)

さて、ターキーを見た瞬間。

「あれ、○○家のターキーは皮とるの〜」

そうそう、家によってレシピがあるのです。ほとんどの場合は、中に詰めるスタッフィングのレシピなのですが・・・

うちはインターネットの適当レシピですが、通常焼き上がりはこんな感じです。

http://www.twilight-traveler.com/blog/2009/12/p_263/

ボニーのお宅はこういう感じだったので、ヘルシー志向で”パリパリ”で美味しいのですが皮はとるのかな〜と。

禁句だったようで、ただ単に深い鍋で焼き、取り出すのに苦労して皮が取れてしまっただけのようでした。

でもお肉はジューシーでとっても美味しかったですよ〜。

そしてパイはなんと3種類!

卵などは加えず、豆乳を使ったりしたパイで、パンプキンのほかに、ブルーベリーパイそしてピーチパイと盛りだくさん。

とっても美味しくいただきました。

準備が本当大変だったと思うのですが、ご馳走さまでした!

By Masumi

投稿してから14日以上経過しているためコメントを停止しています。