2011-09-14

バンクーバーでHorse Showのお手伝い

週末は、カメラ友達のNさんにお誘いを受けてホースショーのお手伝いをしてきました。今回のホースショーは、障害を持つお子さんも楽しく乗馬を体験できるようにという寄付を集めるいいもあるショーで、そちらでボランティアのなんちゃってカメラマンをしてまいりました。

UBCと空港の間あたりの、あの高級住宅街やゴルフ場の近くです。
そちらに馬が飼えるような広〜いお庭つきのお屋敷をお持ちの方々が多くいらっしゃいます。

以前から馬の写真を撮りたかったのでとってもいい機会でした。Nさんありがとう!

それにしても美しい馬ちゃんです!昔、乗馬留学にいらしたお客様がいらっしゃいましたが、同じように馬術やらジャンプなどがあり、懐かしかったです。
多くの馬主さんたちは、このあたりに馬を預けていて、ちょくちょくお世話にしにいらっしゃるそうですが、恐らく馬ちゃんの宿泊費&食費&お世話代は、私の生活費より高そうです・・・><

会場には、ポニーの乗馬体験や食べものやさん、そしてなんとへびやさん?まで登場です。

母親たちは皆さん2メートルくらい離れていましたが、子供たちには大人気!それにしてもこのあたりにはへびがほとんどいないからでしょうか?

みんな笑顔で首に巻いたり、いろいろでした。

この笑顔の子供たちを見ていると、へびを気持ち悪いと思うのは偏見なのかな〜、産まれて初めてへびを見たら触りたいと思うのかな〜と思いつつ・・・でも、舌がペロペロ出ていると”ぎょ〜”としてしまいます。

私が写真を撮っている10分の間に、恐らく20〜30人の子供たちがへびに触っていましたが、たった一人だけ父親に無理やり蛇を手に持たされた5歳くらいの男の子以外は、みんな楽しそうでした。

続く

By Masumi

2 Comments

  1. アバター つるこ says:

    馬の写真、どちらもスピード感があって迫力がありますね。

    蛇はやっぱり怖いっていう「イメージ」から入ってしまっているんでしょうかね。
    こうやって見ると 1匹1ひきキレイですもんね。
    あっ、でも足のないものが 私は苦手なのかも・・・。

    1. つるこさん
      ご無沙汰しております!
      まあ、蛇はやっぱり独特ですよね・・・私も撮りながら2〜3度後ずさりしていました(笑)
      どうぞお体ご自愛ください!

投稿してから14日以上経過しているためコメントを停止しています。