2013-05-30

UBCのアイリッシュパブ!行ってきました。

カナディアン・カルチャー遊学!今日は、普段の授業とは違って、普通のカナダ人との少人数での会話を楽しんでいただきました!

実践です!!

授業で習ったような、会話が少し役立ったでしょうか??

そして英語の先生は、発音が多少悪くても聞き取ってくださるのですが、さて、一般のカナダ人の方ですとどうでしょう〜?!どきどきですが、皆さん楽しいひとときだったようで、少し安心・・・

UBCの学生さんにも参加していただいて、若い方とお話するのも楽しいですよね。

そして、お夕食はアイリッシュパブへ!

ウエイトレスの女の子はとっても元気満々!サービスもよかったですね。

今回は、レストランのメニューの頼みかたということで、皆さんに注文していただきました!!きちんとウエイトレスの子の目を見て、Pleaseをつけて・・・など小言を言ってしまいましたが、ほんの少しの対応の仕方でサービスもかなり変わるものです。

黒ビールやカナダのビールも美味しかったようで、よかったです!近いので、ぜひまたいらしてみてください!!

http://mahonyandsons.com/

5990 University Blvd (UBC)
Vancouver

今日はビールを飲んだ後も、まだ続きます・・・

ボニーが夜に”英語でゲームナイト!”をしてくれて。

英語のカードゲームしたのです。英語力のみならず、集中力と記憶力も使わなくてはならなくって、笑い声の多い一日でした(笑)

By Masui

2 Comments

  1. アバター Masa says:

    UBC キャンパスの中には、この Mahony&Sons Pub 以外にもスナック・バーやレストランがありますが、この店の案内には裏に駐車場があることをうたっています。すぐに思い浮かぶのは、drunk driving (impaired driving)です。
    BC州ではカナダで最も厳しいとされる規制を課して、最近、それが一部憲法違反だとか騒いだようですね。
    飲酒運転は日本も同じく厳しくなっています。日本の中の米軍基地でも,グループ内で必ず designated driver を決めて置くよう通達しています。
    新渡戸稲造も在籍した大学ではクラークの教えもあり、当時から禁酒を守る伝統があったのを思い出しました。現在では、アルコールは学生以外の学外者も嗜みますから、学内も学外と区別する必要はありませんね。
    ただし運転だけは注意ということです。遊学の皆さんは運転はしないでしょうがね。1か月くらい滞在すれば運転したくなるとは思います。

    1. Masaさん
      こちらのコメントにもお返事遅くなりすみません!
      こちらで驚いたのは、アルコールが検出される%をもとに、だったらワイン1杯までは飲んでOKというような考えです。以前は2杯くらいOKだったのが、規制が厳しくなり2杯飲めなくなりレストラン業界が反発したとか。こちらでは忘年会シーズンなど、大手の会社のパーティーであれば、飲酒運転を防ぐためホテルを準備したり、タクシーチケットを準備したりします。昔、主人の働いていた会社の忘年会に参加し、経費かかっているな〜と感じたのを覚えています。

投稿してから14日以上経過しているためコメントを停止しています。